共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

美容師から転職するならコレ!美容師から転職した人に学ぼう!


美容師を経験して、その後転職を志した場合に、今までの技術や仕事内容が生かせる仕事があるのか不安になる人は多いと思います。
しかし、そんな不安は一切ありません!仕事内容ではなくて、美容師であった期間がある事は大きな宝です!

 

 

 

 

通常の人と違う点は美容に詳しい!お客さんとのコミュニケーション能力が高い!センスが良い!オシャレ!
これだけでもこれらの能力を欲しいと思う会社はたくさんあります!そしてこれらの能力が必要な職業もたくさんあるのです!

 

 

 

美容師から転職した人の例にとって見ていきましょう!
美容師から転職するなら美容師から実際に転職を果たした人に学ぶのが一番です!

 

 

 

抜粋!美容師からの転職成功の職業一覧
  • 美容ディーラー(シャンプーなどの営業系)
  • アパレル職全般
  • ファッション系職全般
  • 販売職全般
  • サービス業全般
  • 看護職(男女)
  • 介護職
  • アイリスト職

 

 

上記のように美容やオシャレを意識する仕事はもちろん、美容師の仕事をそのまま生かせる美容ディーラーも人気が高いです。
また、美容ディーラー含め、アパレル系やファッション系の中の一般職(デスクワークや営業)を希望する人が多いですが、大きな理由は土日祝日を休めるサラリーマンになれる事が挙げられます。

 

 

 

 

美容師を辞めた理由が「土日祝日を休みたい」との希望で辞めた場合にはサラリーマン職で業界がアパレル・ファッションが多いのも美容からの転職として定番と言えますね!
その他にも看護師や介護職に転職する人が多いのは、美容師業で学んだ人と接する能力を生かした仕事とも言えますね!

 

 

 

 

 

美容師からの転職は対人関係能力を使う仕事に大きく有利!


美容師から転職と言うと、仕事内容だけで見るとハサミを使って髪の毛を切って、パーマやカラーリングをしてと、次の職に生かせないようなイメージをしてしまう人も多いですが、それはあくまでも手段であって、大きな美容師の内容は1人のお客さんとのスキンシップやコミュニケーション能力、美への意識、オシャレやファッション(髪型)のサポートなのですから、対人能力が非常に高いと言えるはずです!

 

 

 

 

 

看護師などは別途資格が必要になるので、看護師を志す元美容師は看護助手としてアルバイトから始める人も多いようです。
看護師、介護士、アパレル系やファッション系企業の社員、美容ディーラーや販売業などの仕事に実際に美容師から転職した人の多くは美容師時代に美容師を続けながら「美容師がよく利用する転職サイト」などを利用して転職活動を行っていたようですね!

共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 


チェック!当サイト「トップページ」
元美容師達が使用した就職転職系サポートサイト

TOPへ